金津園について/泡姫に関する質問/希望条件の姫探し

 menu  top 
刺青の無い姫はいますか?
 ハンドル名:ジュンペー [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/21(月) 20:31
 昔はそんなにいなかったと思うのですが、ここ何年かで入った姫は皆が皆刺青があって、お店の人が刺青は無いと答えた姫にもしっかり刺青が入っていて、何か刺青の無い姫なんていないんじゃないかとすら思えてきました。
 刺青が「無い」姫っていますか? ワンポイントとか関係なく「無い」姫です。

 刺青姫ばっかのこのご時世、しかもこういうサイトで「刺青は嫌い」と言う意見が多い。ならばむしろ無い方がアピールポイントになりそうなのに、何故HPなどでアピールしないのでしょうか?
A.
 ハンドル名:815 [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/22(火) 11:19
  大きな刺青を入れた姫と遭遇する事は滅多にありませんが小さなタトゥを入れた姫とは時々遭遇します

 でも、大きな刺青や小さなタトゥの姫と遭遇する確率は私自身の経験ですけど3割程度だった気がします

 不思議な事に美人タイプで容姿のいい感じの姫に大きな刺青や小さなタトゥを入れた姫がいた気がします

 どこかの店では姫がプロフにタトゥの有無を明記していました
 しかし、小さなタトゥだとタトゥ無しと明記するかもですね

 刺青やタトゥの無い姫をオキニにするしか無いでしょうね
A.
 ハンドル名:匿名 [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/22(火) 14:04
  刺青があると書けば選ばなくなるからであろう
 やはり刺青に対する偏見があるという事である

 年齢も同じである
 姫は姫年齢にしているが実年齢を出せば客は二の足を踏むか選ばなくなるものであろう
 やはり姫も刺青やタトゥはマイナスのイメージになると知っているので公表をしない
 いや!公表出来ないのであろう

 そして姫と客の考え方の違いもあるのであろう

 客は刺青やタトゥの姫を嫌がるが姫は客から金を貰い接客とサービスをするだけの事でしかない
 刺青やタトゥが嫌なら裏を返さなくても良いという事であろう

 ちなみに俺は刺青やタトゥはあまり気にしない
 背中一面に大きな刺青は困るが小さなものなら気にはしない

 刺青やタトゥを入れるのは姫の自由
 後は客がどう考えるかであろう
A.  ハンドル名:じーじ [お風呂利用・3桁] 日時:2020/09/22(火) 16:01
  記録のある2011年からの経験では、43人の姫(のべ500人)の中で刺青、タトゥのあった姫は9人だったと思います。

 そのほかに消した姫が一人いました。

 それ以前の30年ほどの期間に10人ほどいたかもしれません。
 (一人は未だに現役ですが)

 スレ主さんが登楼した店がたまたま多かっただけではないでしょうか?
A.
 ハンドル名:秋空 [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/22(火) 19:29
  普通は得意なことや有るものをアピールするんであって無いものはアピールしないと思う

 他の刺青レスで言ってたけど姫はファッションで刺青を入れているって言っていた
 見せるために入れているってことじゃない?

 刺青、タトゥ有りって書くのは分かるけど刺青、タトゥ無しってわざわざ描かないと思うよ
 それに入れて無い姫の方が多いんじゃないかな?
 ハンドル名:ジュンペー [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/23(水) 20:24
  回答ありがとうございます。

 刺青姫ってそんなに多くないんですね。私も金津園全店制覇なんてしたわけではないんですが、あんまりにも刺青姫に遭遇する率が高いんで、刺青無しの姫は絶滅危惧種なのではないかと思っていました。

 刺青の無い姫をオキニにする、と言うのはもっともな意見と思いますが、私は色んな女の子と遊んでみたいタイプなので……
 どうしても目移りしてしまします。

 しかし、お店の人に聞いた時くらいは正確な情報を教えて欲しいですね。「刺青は無い」と聞いたから入ったのに。
 それに脱がないと刺青のあるなしは分かりませんから、確認した後にチェンジもできませんからねえ。

 重ねて、回答ありがとうございます。
A.
 ハンドル名:匿名 [お風呂利用・2桁] 日時:2020/09/24(木) 00:59
  オキニ姫一本で遊ぶのも良いだろうが、いろんな姫と遊べるのも風俗の利点だと言える
 ジュンペー氏の思う事は至極当然であろう

 小さなタトゥだと刺青と思っていないのかもしれないな
 姫が脱がないとわからない部分にタトゥを入れていたらボーイもタトゥの有無はわからないのであろう

 客は刺青やタトゥに拘るが姫や店は何とも思っていないのではないか

 menu  top 



メニューに戻る
  
トップページに戻る