てんねん再び
20145
  2014/05/31(土)  充電器が…妖しく光る…エアコンが…
充電器が、妖しく光る…エアコンが、降りたり、上がったりする


  2014/05/30(金)  元から電気を切ってみたのに
電気が、やたら、おかしなつきかたをしたり、変な音?声を立てる為、元から切ったのに。
ムービーとる(画面は静止キャプチャ)。



  2014/05/27(火)  コトバに、とらわれる。
婆ちゃんに、お前はん、結構図太いに!まだ死なへんのやで!…と、言われたコトバが、ずっとアタマの中で回ってしまって。2日以上起きて、潰れて、寝るを、繰り返して、病院にも行けず。
次に何か、またデカい一撃にあってしまうと、もう、回避出来ないんじゃないか…とか。
ずっと、言われたコトバが、本心なのか …とか。
凍ったようにダメージを受けて、心配してくれている人にも、連絡遅くなってしまっているのに、部屋で固まってしまっていた。
しっかりしないと、いけないのに。
いつも、録音していないと…だけど、録音してしまうと、何度も聞いてしまって、ますますダメージを受けるんじゃないかとか。
とても、滅入る。
24日、外で、フラフラして、結局、部屋に帰っても、駄目で、名鉄タクシーを呼んだ。部屋を出て、足が、動かない…
何かが、足を掴んだ …何とか、タクシーが来て、タクシーに乗っても、怖さが消えず、お経を唱える。タクシーの運転手さんが、霊媒師を、紹介しますと言われたのが、驚きと、耳に残った…これは、恐怖感が、見せる、幻だ!…と、思いたいのに…掴まれた、右足に、変な跡が、ちゃんとついていて、駄目だ!リアルだ…と。
余計グッタリする。写真を残しておこうと思って、写メールを撮る。


  2014/05/23(金)  夜中逃げ出す
母が、あまりにも、あり得ない優しい言葉をかけてきたり、
ご飯の支度がしてあり、その横に、やはり紙に、優しい言葉が書いてあり、
恐怖で、アタマが、ストップしたり、回転し過ぎたりを繰り返していると、
婆ちゃんが、お前はん、ご飯行こか…と、店の2階に来た…
ファミレスに行こ…と、婆ちゃんがいい、うん…と、返事をしたら、婆ちゃんが、清水屋を東に回るのやな…と、言った為、違うよ、ファミレスは、真っ直ぐだよ……と、伝えた。
清水屋を……と、聞いて、一瞬恐怖が走った…お化けコーポに、ワザと、連れて行く…いや、婆ちゃんは、作戦が苦手………。どうしよう、婆ちゃんが、ボケてしまってきている?……と、様子を見ようと思っていたら、
明日、病院に行くのやろ?「私は、一番幸せな人生やと、答えなアカンのやに」と、きつく言われて、心を食い殺すのか?…やはり、いいようにされて、人生何だったのだろうと、思って、残りを暮らしていくのか…理由も、わからない小さな頃から、気持ち悪い、ヒロくんに似て。あんたは、こっち向かないで!と、拒絶されたり、ピアノをひいていたら、フタをワザと落としたり、凍ったアイスの棒で叩かれたり、何か気にいらないことがあれば、全ては…私のせいだと。婆ちゃんまで…婆ちゃんは、おかあが、可愛いから…だけど、悲しくなる…夜中、隣の部屋で、母が寝ていると思ったら、もう、何をされるか、わからない。母はプライドを、傷つけられたと、なったら…もう、怒りは…百倍以上で、何かしてくる…うーん、アタマが良い、追いつめる事、自分の見せ方は、異常にうまい母が…いきなり私に切りかかってくるような馬鹿な真似は、しないだろうと、思いつつ、とうとう夜中、友人に頼み、ビクビク荷物とバニラを抱かえて、逃げ出した。


  2014/05/22(木)  今日もバニラ元気
今日もバニラ元気で良かった。
私は、本当に、憑き物とれたのかな……
あ!あらじお、かぶれば、簡単にわかるか…と、気がつき、いつも持ち歩いている、あらじおを、肩と首にぶつけてみる…
イマイチ、わかりにくい…
憑いてから、あらじおを、肩と首にぶつけてみたり、自分より人にぶつけてもらうと、直ぐ、軽くなるから、誰かにぶつけてもらうと、いいのだけれど。
それに、普段は、見えない時は、気配と、目の真ん中の色とか見ると、憑いているか、わかりやすい。
薬物中毒者等は、瞳孔が開いていて、目がキラキラしている場合がある。
その色や、開き方とは、異なる、目をしているからだ。
今日も血圧が高いみたいで、血圧の薬を、いくつも飲む。
不整脈のインデラルが、なくなる。


  2014/05/21(水)  バニラ元気
昨日色々話を聴かれて、今日病院へ行くはずだったけれど、
ずっと起き上がれず、昼間、電話があったのも気がつかず、 夕方、昨日見えた行政の方に連絡する。
母親が、私と2人の時も、優しい。
食事も、ちゃんとした物を、私に手紙つきで、置いてある…
母親といると、やはり血圧が、異常に上がったりしてしまうから、4日分とか血圧の薬をのまないと、頭が暑いしふらふらする。
土曜日に病院へ行く予定が決まった。
きちんと話せるか、不安でたまらないし、異常な食欲になる。手当たり次第、何でも食べる。食べていないと、色々考えてしまう。
昨日安○さん達が、騙されてはいけない!と、メールくれたように、
京子ママのときに、私がママに、言ったように、騙されてはいけない。騙されてはいけない。自分の事は、きちんと見えないけれど、ママに起き変えると、ちゃんとわかる。バニラは、もうずっと、目が見えないし、耳が聞こえない。嗅覚だけで生きている。バニラがやはり、とても元気に、歩きまわる。それが、とても嬉しい。


  2014/05/20(火)  最後まで、ねじ曲げられ心を破壊されてたまるものか
昨日Gkさんには、日々私どうなるか分からないという理由から随分長い時間話しをした。以前のように、もう私は、スムーズに会話が出来ず暮らしていた、随分パニック状態で、必死で話すも、萎縮し過ぎと、色んなショックから上手く伝えたり、理解乏しくなっていて(会話するにも体力がつらい)時間がかかった。帰宅後、不整脈と、喘息で、苦しくてたまらず、母に、あと1時間我慢して、もう駄目だと思ったら、救急車を呼ぶと伝えると、いきなり罵詈雑言浴びせられ、ますます苦しくて、意識、思考が朦朧とし、その最中…ずっとまるで洗脳のように、犬山病院精神科に入院するよう、言われ続け、なぜだろう?心臓と、喘息で呼吸が苦しいのに…なぜだろう、なぜ精神科?…しばらく、ゆっくり、その言葉が分からず、 突然ショウキが戻り、怒りがきて、肩、首、が軽くなった途端に、いきなり母が、首が痛い、たまらないとベッドに転がり、見ていると、肩もでしょう?と、何故か私が言うと肩も…と、のた打ち周り、Gkさんが、私に○ちゃん、霊を呼んでしまっているのでは…と、教えてくれたように、まさか…。生き霊?もしくは…霊達が同調した…のか? 直ぐ母は、痛みが収まり、また自分勝手な会話を大声でしだし、腕にはアザが出来、威圧。私は、もう、腹をくくろうと思った!下手したら、口の上手い母の言葉、ありもしないでっち上げで、私は精神病院に幽閉される可能性もある、しかし最後まで、私の人生をねじ曲げるのかと、必死で、母外出の隙に、信用出来る方に、障害者虐待センターに通報を頼み、私もアチコチの人達に、メールし、一か八かで祈った、まだ私には、しなければ行けないことが残っているから今幽閉されたらお終いだと。行政の方が見え、怪我は転んだけど、実はアザ等は、ずっと母に虐待を受けていた事を、どもりながら、滝の汗をかきながら、伝え、精神病院には入院した事はない事、今母に何か細工され、精神科は、医師2人がおかしいと判断すれば、強制入院させられてしまう事、そして独身の私が精神科に入院となると、退院時に家族が了解しなければ幽閉される事から、精神病院に連れて行かれるのは困ると伝えた。行政の方は、違いますよ、入院ではなく、アザや傷の手当て、そして精神科の医師に何をされたか、伝える為にですと言った。明日一緒に付き添います…と。そして、安○さん達から、メールが来た。おかしいのは、人間じゃないのは、母親の方だと。
明日不安ながら、眠る。


  2014/05/19(月)  Gkさんが、徐霊に連れて行って下さった日
数奇な運命を辿り、ながら…必死で生きてきた。毎日、毎日…しかし、四次元の人間にも接触するとは……今の時代、霊が見える人は少なくても、見える人と、気配は感じる人、その人口は40%だと、言われている。
それに、弱っている時等、霊が見える確率が上がると言われている。
昨日、Gkさんは、私の幽霊の話を、初め信じていなかったけど、これは…本当に見えている……と、思い、危険を察知してくれて、私自身、自分でも、信じられず、アタマを疑いつつ…もあるのに、
遠くまで、私の為に、自分が大変な時に、取材お断りの、政治家、某社長さん達が訪れる、徐霊の看板を出していない、取材お断りの、知る人ぞ知る、お寺に、徐霊に連れて行って下さった。 除霊が始まり、…直ぐ、バニラが、逃げ出そうとしたり隠れたり。
不思議な事に……もう、90歳をとうに過ぎ、1日の内、2時間位?しか、バニラは、起きていても、横になっているのに……徐霊が終わり、歩きまわる位、元気に…まさか!と、思う気持ちと、嬉しさで、言葉に詰まった。それに、Gkさんの優しさ、バニラが、不信感をもたずなついた。バニラにまで、優しさ、いっぱいで、接して下さった。何故…人間なのに…私みたいな、虫ケラ以下の人間に…私は、だから、この人を尊敬していた事を思いだした。心豊かで正義感、自分を削っても、人様を助けようとする…あれ?何だか、やはり似ている…Gkさんは…誰かに……。
私は……徐霊が始まり、少したったとき、体から、抜けようとしたのを気のせいではなく、感じた……長いモノが…うっすら登った……か?え…?戻ってきた?気のせいだと。思う。 いや、抜けたに違いない、明らかに、普通の、神社のお祓いの時と、落ち方というか、登ったのは初めての感覚……。
これは…一体なんでこんなことが……
残りの人生のうち、お金に余裕が出来たり、したら(というか、徐霊を教えて頂く授業料が、いくらか、分からないけれど)コーポで苦しんでいる、悲しい霊を救えたり、他でも霊に出会った時、少しでも、役に立ちたいなと、感じたのと、あまりにも、始まりのその、お経が、心地いい〜心地いい〜と、感じた。
徐霊が終わりバニを母の経営しているスナックの2階に戻しGkさんと食事へ。(ここ最近、もう私は危機感の為、あの霊達のように、怨念を残さない為と、虐待は、まだ和解した例がゼロだと言われているし、母と和解したく数日来ていた)優しい言葉の裏を忘れて


  2014/05/18(日)  バニラの具合が悪い
バニラの具合が悪い。代わってやりたい。代わってやりたい。


  2014/05/12(月)  1日遅くなった母の日
母の日に、何もあげれなかった為、今なら1日遅れで済むな…と、想い、
雨の中、傘をさして、ヨカドへ…。天使のオルゴールと、お花を選ぶ。

雨がひどくなってきた……プレゼントを抱かえ、母の店へ行く途中…いきなり、私の中で、何かが、壊れだす。
この女(母)といたら、危険だ!今まで一体、どれだけの、苦しみを味わったのか?……と、私の中で、声がする。
冷静に、冷静に、ならなければならない……
抱かえていた、花が、落ちる。紙ブクロが、雨で、ちぎれた。
そうこうしている内に、パニック状態で、道がわからなくなってきた…
傘を地面に下ろして、ずぶ濡れになりながら、母に携帯で電話をした…
店の場所がわからなくなったと、伝えていたら、知らない人が、話しかけてきた
ずぶ濡れになって、電話していた私が、気になったようだった…電話の会話が聞こえたようだ……
○○○○を、探しているの?と、聞かれた。 はい、と、私は答える。
見ず知らずの、酒に酔っている風な男性が、 あ、今、そこの帰りなんだ!と、言われ、驚いた!
その男性は、親切で、店まで連れて行って下さった。
昨日だか、今日だったか?連日転んでいる為、下の歯が、折れた。


  2014/05/11(日)  間に合わず、傷だらけになる
考えても、考えても、その考えている最中にも、
どんどん怪我ばかりしたり、問題が、増える。

顔を怪我する。


  2014/05/09(金)  YouTubeで、般若心経
このコーポで、寝ていると、体が余計しんどくなる時が多い。体が弱っていて、自分で、般若心経を読めない時に、YouTubeの般若心経を、流せるように、パッドに落としてある。
YouTubeにアップされている般若心経を流す……いきなり、途中で、般若心経を読む、お坊さんの声が、高い声の女性の声に変わってしまった。

お経なんて、聞かないわよ…と、いうことだろう…


  2014/05/08(木)  沢山の孤独死
ゴールデンウィーク中も、毎日、足の処置に病院に来るように言われ、通う。
相変わらず、連日、おかしなことが多く、友人宅に泊まったり、しながら、一旦コーポに戻る。
私は、1階に住んでいるが、2階に幽霊が出ると言うのは、ビジネス仲間のモンスターヒロしゃんに、聴いていたし、
このコーポは、霊感以上の問題だと思っていた為、私の他にも、おかしな現象に、他の住人たちも、気がついている筈だと、思い、2階への階段を上がって、やっぱりな…と思った。上がって直ぐの部屋の入り口のドア付近に、尋常ではない、盛り塩がしてあった。普通入り口ドアの両側に、一山ずつ、盛り塩をするだろう…しかし、3山ずつ盛ってあったり、違う部屋も、2山盛ってあったりした。

よほど、皆さん怖いからだろう…そして、一番奥、孤独死、二番目孤独死、が、出ているなと、思った。
孤独死は、怨念が強く、なかなか成仏出来ず、部屋に、居着いてしまう。
孤独死するまでの、過程にも、怨念が強い場合が多いからだ。例えば、私の直ぐ上の住人のように。
直ぐ上の住人の所には、よく介護のクルマが駐車場に止まっている。ほとんどが、寝たきり老人だからだ。
そうすると、何かかんずいていても、逃げれないし、ここは、最後に来る、姨捨山のような、コーポなのだろう。
家族に捨てられたような人間、どうしようもなく、最後ここに住むしかなく、終わりを迎える時まで、さみしい、ツラい、苦しい……そして死んでいったのだろう人間達の、霊の溜まり場なのだろうな…と、感じた。
私の住んでいる部屋は、以前女性が住んでいて、部屋で亡くなったか、この部屋で、報われない恋愛をしていた事は、分かる。
木に宿っている動物霊だけでは、到底このような、悲惨な有り様にはならない。
こんなに沢山の霊にはならない。
また転んで、傷が増えた。この間、部屋で転んで、5針縫ったばかりなのに。


  目次   オリジナルサイト   「ひめひめ日記」メニュー